就職と聞くと不安で億劫なイメージ、焦りが出てる人が多いと思います。私も就活を始める前はとても不安でストレスでした。また私が住んでいる大阪の就職は希望ではなく、遠方の都道府県だったので余計費用のことや色々どうしようかと悩んでいました。しかし、実際就職活動はあっという間に終わりましたし、それなりに楽しんでいたと思います。何が楽しかったかと考えると、やはり遠方の就活だったので違う県の県民性とか電車とか分からないことが多かったですがそれが逆に楽しかったです。
私は静岡、愛知、岩手、神奈川で就職活動をしていました。神奈川の面接の後に一人で湘南に出かけたり、また岩手の帰りには仙台でサーフィンをしたりと就活を楽しもうと遊びも交えながら就職活動をしました。もし大阪府内だけでの就職活動なら夏なら暑い中色々セミナーなど服装にも気を使いながらパンプスで靴擦れしたりストレスに感じることが多いかもしれませんが、私は新幹線に乗っての就活だったので半袖で新幹線に乗ったり、行くときはシューズを履いて向こうで履き替えるようにしていました。
さすがに新幹線内に面接官はいないのでそこらへんは結構服装も緩い感じで就活してたと思います。また、私は選ばれる就活ではなく、「選ぶ就活」を意識していたのでその意識だけでも随分変わると思います。生意気だと思われるかもしれませんが、向こうが私を選ばないということは縁がないということで無理に頑張る必要はないということです。本当に自分の価値観の合う会社は自然な流れで自然に決まると思うのでそこを就活生が選べばいいだけと私は思います。